工務店の社長の日記


GOLD COAST
by i_tsuyo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日本各地でツーバイフォー耐火建築物が誕生しています。

 日本各地で木造(枠組壁構法・ツーバイフォー)で耐火建築物が建設されています。
本来耐火建築物は鉄筋コンクリートと言う概念が強いと思いますが・・・時代は変わりました。

 昔・・関東大震災の時に木造の建物が延焼したのは、やはり木その物が表しでしたので・結果的に焼けた事ですね・  今の木造耐火204は骨組みは木造枠組みで、強化石膏ボードの多層張りでコンクリートと同等の性能を得ています。

 コンクリートや鉄骨は夏も冬も限りなくが外気温と同じ環境になりますが、木は違います!!
木だけは自分自身の性格を維持し易しく・・・引っ張り強度はコンクリートをはるかに勝りますね!
 ここで提案するのは木造耐火の集合住宅です。
d0012873_2362537.jpg


 当社が現在施工している共同住宅は明日、行政の中間検査になります。
おそらく行政の検査官も、山梨県で初めての木造耐火建築物の検査ですので、難しいと思います。 まだまだ木造の耐火建築物の認識は皆無に等しいと思いますが。

 現在では木造建築物の強度や耐火性が見直されています!しかし
すべての木造建築物ではないのです。これは国土交通大臣の認定されている木造建築だけです。
 http://www.2x4assoc.or.jp/ このWEBをご覧下さい。

 山梨県でいち早く当社が手がけるのも、枠組み構法で市川工務店ありと自負します。
今後の状況は当社の建築日記に掲載してありますので、当社のホームページでご覧下さい。
[PR]

by i_tsuyo | 2006-03-26 23:27 | 私事
<< お茶で健康な建物! 当社の誇る輸入資材!!! >>